講義コード 1005149101
講義名 図書館サービス概論101
開講責任部署 大阪学院大学
講義開講時期 前期
講義区分 講義
基準単位数 2
時間 13.00
開講年度 2020
配当年次 2
曜日講時 水2
担当教員

氏名
◎ 石川 武敏

講義(演習)テーマ
図書館員が利用者と直接関わるパブリックサービスを中心に、そのサービスの意義、各種サービスの特質と方法について、基本的な知識を学ぶ。
講義(演習)概要
図書館の社会的意義とサービスを支える理念を確認した上で、図書館が提供しているサービスについて、サービス対象、提供する媒体など、さまざまな視点から捉え、整理する。具体的には、貸出・複写、読書案内、情報サービス、障害者サービス、図書館ネットワークを通したサービス、図書館サービスと著作権の関係、図書館サービスの測定と評価などについて学び、理解を深める。デジタル情報社会における新しい図書館サービスの可能性についても考察する。公共図書館のサービスの実態を学ぶため、吹田市立図書館を見学する予定。
到達目標
図書館員が利用者と直接関わるパブリックサービスを中心に、そのサービスの意義、各種サービスの特質と方法について、基本的な知識を得る。その上で、情報化社会と呼ばれる現代社会において図書館が存在意義を持続するために、情報サービス機関としてどのようなサービスを展開していくべきかを考えられるようになることを目的とする。
講義スケジュール(授業計画)
講義は教科書に沿って、シラバス記載のとおりに進めるが、受講者の理解度や問題意識等を考慮して変更があり得る。
内容
第1回図書館サービスの意義と理念
第2回公共図書館サービスの変遷
第3回図書館サービスの種類と方法
第4回資料提供サービス(閲覧貸出サービス,複写サービス)
第5回資料提供サービス(1)レファレンスサービス
第6回情報提供サービス(2)情報サービス
第7回利用対象者別サービス (1)利用者対象別サービスの種類と内容
第8回利用対象者別サービス (2)障害者サービス
第9回 公共図書館見学
第10回図書館サービスとコミュニケーション
第11回 図書館サービスと著作権
第12回 図書館サービスの協力と連携
第13回 図書館サービスの協力と連携

評価基準・方法
定期試験 : 0 %
レポート : 10 %
日常点 : 40 % 授業への積極的参加度
その他 : 50 % 確認テスト
授業外学習の指示
授業前にあらかじめ次回の教科書該当ページを読み疑問点を箇条書きにする(予習2時間)。 授業の後は,配布されたプリント類を復習するとともに,授業中に紹介された資料を図書館で手に取って確認し,紹介された関連ウェブサイトは実際にPCで参照し確認すること(復習2時間)。
履修上の注意
学習中に生じた疑問はそのままにせず、質問すること。授業中でも授業終了後でもよい。
オフィスアワー
4月に学生ホームページに掲載する。
教科書
宮部賴子編『改訂 図書館サービス概論 (現代図書館情報学シリーズ ; 4)』(樹村房,2019. ISBN978-4-88367-294-3)
参考文献
授業中に指示する。
関連URL
授業の中で随時紹介する。
担当者からの一言
【感染拡大防止期間における授業実施方法】
講義はZoomで実施。見学については調整中。
※授業実施方法・内容は追加・変更になることがありますので、適宜シラバスを確認してください。