講義コード 1005096201
講義名 倫理学概論B201
開講責任部署 大阪学院大学
講義開講時期 後期
講義区分 講義
基準単位数 2
時間 13.00
開講年度 2020
配当年次 2
曜日講時 木2/遠隔のみ(同時双方向型)
担当教員

氏名
◎ 樋口 善郎

講義(演習)テーマ
キリスト教の倫理思想および西洋近代現代の倫理思想の概説
講義(演習)概要
「倫」とは人々が手を繋ぎ輪になっている様子を、「理」とはそれが美しく整っているさまを表す。しかし、人は時として逸脱した振る舞いをし、その輪をかき乱してしまうことがある。それを防ぐためには人の振る舞いをコントロールするルールや規範が必要になってくる。この講義では、キリスト教の倫理思想、西洋近代の倫理思想、そして、現代新たに話題になっている新しい倫理学について概説する。
到達目標
キリスト教の倫理思想および西洋近現代の倫理思想について学び、倫理学の基本的な知識を身につけることを目的とする。
講義スケジュール(授業計画)
以下の順序で行う。
内容
第1回キリスト教の倫理思想
第2回黄金律の思想
第3回社会契約論
第4回カントの倫理思想
第5回ニーチェの倫理思想
第6回ベンサムの倫理思想
第7回ミルの倫理思想
第8回ミルの自由論
第9回医療の倫理
第10回生命についての倫理
第11回環境倫理学の先駆者たち
第12回環境倫理学の基本思想
第13回ロールズの倫理思想

評価基準・方法
定期試験 : 0 %
レポート : 40 % 学期末にレポートを課す。OGU-Caddieで講評を行う。
日常点 : 60 % 毎回の授業開始時に小テストを行う。最終回授業時に返却と講評を行う。
その他 : 0 %
授業外学習の指示
この授業では配付プリントに「家庭学習」のコーナーを設ける。それを用いてあらかじめ予習しておくこと(1時間)。同コーナーには、参考文献も紹介しているので、目を通しておくこと(2時間)。また、毎回の授業の最初に、前回の授業内容を踏まえた出題をするので、それを受講カードに記してもらう。それが日常点となる。受講カードにしっかりした答えが書けるよう、配布プリントを中心に授業の復習をしっかりしておくこと(1時間)。
履修上の注意
倫理学概論Aでは、東洋の倫理思想および古代ギリシア・ローマの倫理思想をとりあげるので、併せて受講すれば、倫理学全体についてより包括的な知識を身につけることができる。
また、授業の欠席回数が5回以上の者は評価の対象外とするので、注意されたい。
オフィスアワー
講義終了後に教室で受け付ける。
教科書
プリントを配布する。
参考文献
プリントの「家庭学習」のコーナーで指示する。
担当者からの一言
講義では色々な倫理思想の基本的知識を紹介するにとどまる。興味をもったら直接原典に触れてより深く学んで欲しい。