講義コード 1005094201
講義名 法学概論B201
開講責任部署 大阪学院大学
講義開講時期 後期
講義区分 講義
基準単位数 2
時間 13.00
開講年度 2020
配当年次 2
曜日講時 水2/一部対面(同時双方向型)
担当教員

氏名
◎ 小杉 茂雄

講義(演習)テーマ
 法理に照らして妥当な結論を論理的に導き出すことができるように、(主として民法に関連する)基礎知識の習得と今日的課題についての考察力を養成します。
講義(演習)概要
 私たちは、法(律)と無縁・無関心に社会生活を営んでいくことはできません。このことは教員にとっても例外ではなく、現代における教員として活躍するためには、法(律)の仕組みや基礎知識を習得・理解しておくことは不可欠です。そこで、本講義は、日常生活(私的経済生活と家族生活)において生起する法的現象・問題についての法的な仕組み及び考察の仕方を、極力具体的な事例を挙げながら、(法学部以外の学生の受講をも念頭に置き)平易に解説していきます。
到達目標
・ライフステージにおける身近な法現象(法的紛争)を把握・理解できるようになる。
・新聞やテレビ等で報道される法律問題を、単に常識的にではなく、専門的により深く理解し考えることができるようになる。
講義スケジュール(授業計画)
内容
第1回法と家族1 婚姻、結婚生活
第2回法と家族2 親子関係、養子、養親関係
第3回法と家族3 新しい問題の出現
第4回法と家族4 最高裁判例の動向 
第5回法と家族5 相続制度
第6回社会におこるトラブル1 交通事故
第7回社会におこるトラブル2 製造物責任
第8回社会におけるトラブル3 医療過誤
第9回社会におけるトラブル4 環境、公害
第10回行政と法
第11回立法(法の創造)
第12回科学技術と法
第13回まとめ

評価基準・方法
定期試験:%
レポート:80%
日常点:10%
その他:10%
授業外学習の指示
事前にテキストを読んでおくこと
履修上の注意
出席を重視する
オフィスアワー
4月に学生ホームページに掲載する。
教科書
有澤著「新・法と社会生活」第5版 尚学社 ISBN978-4-86031-124-7
参考文献
必要に応じて資料を配布する