講義コード 1005092101
講義名 地理学概論B101
開講責任部署 大阪学院大学
講義開講時期 前期
講義区分 講義
基準単位数 2
時間 13.00
開講年度 2020
配当年次 2
曜日講時 火2
担当教員

氏名
◎ 杉山 伸一

講義(演習)テーマ
中学校社会科・高等学校地理歴史科の教職志望者を対象に、自然環境と人間活動の空間的な相関性を意識しながら、系統地理学(一般地理学)の基本的課題に対する理解を深める。
講義(演習)概要
「土地を描く」に由来する地理学について、身近な地域から、都道府県・国レベルまで、さまざまなスケールで、人文・自然の各テーマごとに地図を使って空間的に考えていく。地理学概論Bの講義では、講義を主体とするが、地理教育や環境・防災教育について、受講学生による模擬授業や中学校・高等学校での授業見学についても適宜、取り入れていくことも考えている。そのため、教師からの一方通行の授業だけではなく、受講生の積極的な授業参加も追究していく。
到達目標
授業を通して、地理学が学校教育をはじめ、様々な分野で役に立つ実用的な学問であるということを認識・実感できることを第一目標とする。具体的には、地図を読む能力、統計表や分布図を読んだり作成できる能力、フィールドワークや地図作業を通して地域を複合的・相対的に見る視点や分析力・空間認識力などを養うことである。
講義スケジュール(授業計画)
以下のスケジュールは予定している大きなテーマであり、受講生の理解度を含めた授業の状況を踏まえて適宜変更を行う可能性がある。
内容
第1回地理学と産業~日本の農業の現状と課題~
第2回地理学と観光Ⅰ~戦後の日本における国内旅行と海外旅行の変遷を中心に~
第3回地理学と観光Ⅱ~日本の観光地を事例に中学校・高等学校での修学旅行プランを考える~
第4回地理学と交通Ⅰ~鉄道交通の現状と課題についてJR西日本と阪急電鉄の比較から考える~
第5回地理学と交通Ⅱ~国際空港と地方空港の立地状況から日本の航空会社の現状と課題を考える~
第6回地理学と自然環境Ⅰ~日本と世界の気候区の特色について~
第7回地理学と自然環境Ⅱ~日本の地形的特色と自然災害の関係について考える~
第8回地理学と防災Ⅰ~地形図の読図を通して、阪神淡路大震災・東日本大震災について考える~
第9回地理学と防災Ⅱ~防災教育の視点から、通学路・避難経路・安全マップの意義と役割について考える。
第10回地理学と地理教育Ⅰ~教科書の比較を通して、中学校社会科地理的分野の学習内容を考える。
第11回地理学と地理教育Ⅱ~高等学校「地理A・B」の現状と、新科目「地理総合」の学習内容を比較する。
第12回地理学と地理教育Ⅲ~実際の学校現場での地理教員の現状について~(中学校・高等学校教員の講演を予定)
第13回地理学とは何か?~これからの中学校・高等学校の地理学習と学校現場で地理学が果たすべき役割について考える。

評価基準・方法
定期試験:%
レポート:60%(13回の授業で学習した内容を基に地理学に関するテーマでレポート作成を求めます。作成したレポートについては講評して返却します。)
日常点:40%(地理の模擬授業等、アクティブ・ラーニングの手法を取り入れた発表を最低1回、授業の中で受講者全員に行います。)
その他:%
授業外学習の指示
毎回の授業については、必ず地図帳で地名や用語の確認チェックをしておくこと。国際面や経済面、教育面の新聞記事にも日ごろから目を通す習慣をつけておくこと。地理学は地図が基本である。毎回の講義後は、振り返りシートを中心に、地図帳で再確認し復習をしておくこと。地形図の作業(色塗りなど)も随時、課題として提出をしてもらう予定である。そのためには2時間の学習時間が必要である。
履修上の注意
教員を強く希望している学生を対象とする。遅刻・欠席は極力しないこと。
オフィスアワー
4月に学生ホームページに掲載する。
教科書
プリントを配布する。中学校・高等学校で使った教科書・地図帳を必ず持参すること。
参考文献
授業中に指示する。
担当者からの一言
【感染拡大防止期間における授業実施方法】
5月7日からOGU-Caddieで実施します。

あなたが興味・関心を持っている国(地域)を1つ選び、以下のテーマでA4用紙2枚~3枚にまとめてレポートを提出すること。ワードのみ可。横書き。10.5ポイント。手書き不可。

テーマ:何故、その国(地域)に興味・関心があるか、その理由を最初に示して、課題について整理してまとめなさい。参考資料があれば、必ず、最後に資料名を明記すること。このレポートについては4月24日(金)以降の地理学概論Bの授業で各自、簡単な発表をしてもらう予定です。

(追加課題)
前回の課題であなたが興味・関心のある国 (地域) についてまとめなさいというレポートを出しましたが、今回はさらに踏み込んだ以下のテーマでレポートを作成してください。
次にあげる以下の世界の都市の中から1つ選び、その都市について大阪市と比較して類似点と相違点に分けてまとめなさい。枚数、書式は前回と同じです。また、参考資料については、具体的な資料名をレポートの最後に書いて下さい。
( 都市 : A.パリ B.ニューヨーク C.ソウル D.シドニーE.シンガポール)

自宅にパソコンがある人はレポートを添付ファイルで私のところに送ってください。スマホの人もどのような内容かを送ってください。(E-mail:sugishin@ogu.ac.jp)
※締め切りは5月7日(木)
※授業実施方法・内容は追加・変更になることがありますので、適宜シラバスを確認してください。