講義コード 1005075201
講義名 情報科教育法Ⅱ201
開講責任部署 大阪学院大学
講義開講時期 後期
講義区分 講義
基準単位数 2
時間 13.00
開講年度 2020
配当年次 2
曜日講時 月3/対面のみ
担当教員

氏名
◎ 西田 知博

講義(演習)テーマ
教科「情報」の3観点の理解と模擬授業の実践
講義(演習)概要
教科「情報」の3観点である「情報活用の実践力」、「情報の科学的な理解」、「情報社会に参画する態度」を深く理解し、その教育方法を具体的に実践できるようになることを目指す。「情報活用の実践力」に関しては操作教育ではない指導の実践法を考えていく。「情報の科学的な理解」および「情報社会に参画する態度」に関してはテーマを細分化し、情報科教育法Iの内容より詳細な指導法を学び、それに基づいた演習を行う。授業の後半では、模擬授業を行ってもらい、それに対する評価を受け、授業改善を行う演習を行う。
到達目標
教科「情報」の3つの観点を深く理解し、具体的な教育方法を説明・実践できるようになる。また、模擬授業を通じて、他者の授業の評価や自分の授業の改善ができるようになる。
講義スケジュール(授業計画)
内容
第1回操作教育によらない「情報活用の実践力」の指導法
第2回情報を主体に活用する能力の指導法、メディアリテラシーの指導法
第3回コンピュータを使わない情報科学の指導法
第4回問題解決とモデル化・シミュレーションの指導法
第5回アルゴリズムとプログラミングの指導法
第6回情報検索とデータベースの指導法
第7回情報モラル・情報倫理の指導法
第8回情報通信ネットワークとコミュニケーションの指導法
第9回情報システムと社会の指導法
第10回模擬授業(1)
第11回模擬授業(2)
第12回模擬授業の評価と改善
第13回模擬授業(3)
第14回定期試験(レポート試験)

評価基準・方法
定期試験: 25% 模擬授業の総括
レポート: 20% 指導案の作成
日常点: 30% 授業中の演習・課題を評価する
その他: 25% 模擬授業
授業外学習の指示
第1〜9回の授業では課題を出すので、それに取り組むことによって、復習や次の授業に向けての準備を行うこと(各3時間)。また、模擬授業の準備と改善は時間外で行い、事前にその内容を教員と検討した後で模擬授業を実施すること(18時間)。
履修上の注意
評価は、授業中に出題する演習と課題、指導案の作成とそれに基づいた模擬授業、および、模擬授業の総括レポートで行う。模擬授業は受講者数により変更もありうるが、個人で各2回実施する予定である。

また受講生が少ない場合、「他者の授業の評価」は外部の授業見学などを行うことによって行う。
オフィスアワー
4月に学生ホームページに掲載する。
教科書
久野 靖,辰己丈夫 他『情報科教育法改訂3版』(オーム社)
参考文献
兼宗 進 監訳『コンピュータを使わない情報教育 アンプラグドコンピュータサイエンス』(イーテキスト研究所)
文部科学省『高等学校学習指導要領』(文部科学省)、文部科学省『高等学校学習指導要領解説 情報編』(文部科学省)
アンプラグドコンピュータサイエンスは「情報の科学的な理解」指導の参考となる書籍である。学習指導要領およびその解説は、教科の教育内容を理解するために必須のものである。