講義コード 1005074101
講義名 情報科教育法Ⅰ101
開講責任部署 大阪学院大学
講義開講時期 前期
講義区分 講義
基準単位数 2
時間 13.00
開講年度 2020
配当年次 2
曜日講時 水2
担当教員

氏名
◎ 西田 知博

講義(演習)テーマ
高等学校教科「情報」全体像の理解
講義(演習)概要
学習指導要領を始めとした、高等学校教科「情報」の全体像を理解することを目的とする。また、教科「情報」での3つの観点「情報活用の実践力」、「情報の科学的な理解」、「情報社会に参画する態度」について学び、それを元にした指導の実践を行う。その際には、指導内容の理解に加え、指導に必要なプレゼンテーション技法を身に付けることも目的とする。授業期間の後半では、併設高校においての授業見学や、観点別評価を考えた学習指導案の作成、グループでの模擬授業の経験を通じ、教科「情報」の授業実践を体験する。なお、受講者が少数の場合は、模擬授業は単独で行う。
到達目標
教科「情報」の目的と内容を理解し、説明できるようになる。また、学習指導案の作成とそれに基づいた模擬授業ができるようになる。
講義スケジュール(授業計画)
内容
第1回イントロダクション
教科「情報」の構成
学習指導要領
第2回学習指導要領の詳細
(受講生によるプレゼンテーション)
第3回「情報活用の実践力」の指導法、指導の実践
第4回「情報の科学的な理解」の指導法
第5回「情報の科学的な理解」指導の実践
第6回「情報社会に参画する態度」の指導法
第7回「情報社会に参画する態度」指導の実践
第8回授業見学
第9回観点別評価
第10回学習指導案の作成
第11回模擬授業(1)
第12回模擬授業(2)
第13回模擬授業の総括
第14回定期試験(レポート試験)

評価基準・方法
定期試験: 30% 期末レポート
レポート: 30% 毎週の課題と指導案の作成
日常点: 20% 授業中の演習を評価する
その他: 20% 模擬授業
授業外学習の指示
第1〜10回の授業では課題を出すので、それに取り組むことによって、復習や次の授業に向けての準備を行うこと(各3時間)。また、模擬授業は時間外で準備し、事前にその内容を教員と検討した後で実施すること(15時間)。
履修上の注意
評価は、授業中に出題する演習と次回までの課題、指導案の作成とそれに基づいた模擬授業、および、期末レポートで行う。模擬授業は、受講生の数により、グループまたは個人で2回の授業に分けて実施する。
オフィスアワー
4月に学生ホームページに掲載する。
教科書
久野 靖,辰己丈夫 他『情報科教育法改訂3版』(オーム社)
参考文献
兼宗 進 監訳『コンピュータを使わない情報教育 アンプラグドコンピュータサイエンス』(イーテキスト研究所)
文部科学省『高等学校学習指導要領』(文部科学省)、文部科学省『高等学校学習指導要領解説 情報編』(文部科学省)
アンプラグドコンピュータサイエンスは「情報の科学的な理解」指導の参考となる書籍である。学習指導要領およびその解説は、教科の教育内容を理解するために必須のものである。
担当者からの一言
【感染拡大防止期間における授業実施方法】
Zoomで実施します。
ミーティングID等の詳細はOGU-Caddieで連絡しますので、4月10日までに確認してください。
※授業実施方法・内容は追加・変更になることがありますので、適宜シラバスを確認してください。