大阪学院大学 学生生活
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 学生生活
  3.  > 教育開発支援センター

学修に関する総合相談窓口(教育開発支援センター)

学修に関する総合相談窓口

休学や退学に関する悩み、転学部・転学科など、学修全般に関することについて、学生本人はもちろん、保護者の方からのご相談にも応じています。学修に関する悩みがある場合は、教育開発支援センターへ気軽にご相談ください。

教育開発支援センターの取り組み

教育開発支援センター ~学生の視点に立つ教育改善~

所長 白川雄三 経済学部教授

教育開発支援センターは、本学の「建学の精神」に基づく大学教育の改善を目的に、平成18年10月に開設されました。
本学学生の視点に立ち、社会のニーズに対応するための教育システム開発の研究部門、それらを実践かつ支援する教職員支援部門、学生の学修を支援する部門の3部門の教育支援の活動を行っています。
これらの支援活動を通して、学生にとって、
① 「わかりやすく確実に学力がつく講義」
② 「充実した学生生活」
③ 「豊かな将来の保証」をめざしています。

.
教育の四つの柱(教育ビジョン)

1. 四年間一貫した少人数ゼミナール (人間力教育と専門教育)
2. 確かな学力と充実した学修支援
3. 一人ひとりに応じた魅力的なキャリア教育支援
4. 英語力を確実に伸ばすプログラム

学修支援

教育開発支援センターは学生の4年間の学修を見守ります。

初年次教育の重要性

高校までの受動的な授業ではなく、大学での学修は自主的に取り組み、学生自らが学生生活を組み立てる必要があります。その学ぶ姿勢の転換がうまくできず、キャンパスライフに馴染めない学生が増えています。その結果としての出席率の低下、4年間での卒業率の低下が問題視されています。そうならないためにも、今大学において、初年次にスムーズな転換を図るための教育が重要となっています。

大阪学院大学の初年次教育について
「フレッシュマンスキル」

この科目はキャリアデザインからの視点で行う初年次教育です。大阪学院大学の建学の精神、学部の教育目的、学位授与方針、教育課程編成・実施の方針を理解します。アカデミックスキルはもちろん、本学の施設設備を活用し、充実した大学生活について学びます。
この科目は、「OGU教育」(1単位)と同様、初年次生は履修しなければいけない科目です。1年次後期から始まる「キャリアデザイン科目」に先立ち、社会人基礎力を養成します。

  • フレッシュマンスキル
  • フレッシュマンスキル
  • 初年次生対象教育懇談会

フレッシュマンスキルの様子

初年次生対象教育懇談会

5月に「初年次生対象の教育懇談会」を開催し、ゼミ担当教員と保護者・学生との懇談を行っています。 2019年度は、5月18日(土)に開催します。入学後の履修・出席状況や大学生活の様子に関する相談を通して、今後の学修に役立てて頂く良い機会となります。親子揃ってのご出席をお勧めします。

.
  • 初年次生対象教育懇談会
  • 初年次生対象教育懇談会
  • 初年次生対象教育懇談会
キャリア教育(体系的なキャリアデザイン)

キャリア教育は、「キャリアデザイン入門Ⅰ」(1年次後期2単位)、「キャリアデザイン入門Ⅱ」(2年次2単位)、「キャリアデザインⅠ」(2年次2単位)、「キャリアデザインⅡ」(2年次2単位)、「キャリアデザインⅢ」(3年次2単位)の計5科目で構成されています。
また、学生の進路に応じたキャリア形成を選択できるように、企業、公務員、教員向けのクラスをそれぞれ開講しています。また「キャリアデザインⅠ」、「キャリアデザインⅡ」、「キャリアデザインⅢ」には「女子専用クラス」を設けています。「キャリアデザインⅠ」はSPI等、「キャリアデザインⅡ」は自己PR・面接、「キャリアデザインⅢ」は業界研究を行っています。
さらに、キャリアデザイン科目では、アクティブ・ラーニングやPBL(Project-based learning)を取り入れ、学生が主体的に学べるような学習法を取り入れています。

吹田市との官学連携PBLと産学連携PBL

教育開発支援センターでは、「学問と社会・産業のつながり」を深く理解し、考え、行動できる課題解決能力を持った人材の育成に力を入れています。そのため、キャリアデザイン科目に、吹田市との官学連携PBLや産学連携PBLとして、「アクティブ・ラーニング」手法を取り入れ、課題解決型学習法(Project/Problem Based Learning)の開発・推進に取り組んでいます。

1.吹田市との官学連携PBL

吹田市と連携した行政課題解決に取り組む官学連携PBL(Project Based Learning)の課題解決発表会を実施しました。
今回の吹田市からの課題は、水道部総務室から恒例の水道フェア「夏休みすいすいくん祭り」の企画・運営の提案、中核市移行準備室からは吹田市が2020年4月から中核市に移行することに伴い、隣接する中核市のNATS(西宮市・尼崎市・豊中市)における府県の枠組みを越えて広域的に連携する可能性を探るというものでした。これら2つの行政課題に対して、「すいすいくん祭り」3件、「NATSの取り組み」3件の課題解決案が発表されました。
「すいすいくん賞」に選ばれたチーム「松竹梅」は、過去に吹田市で毎年開催された「夏休みすいすいくん祭り」のイベントを振り返り、子どもから大人まで楽しめるコンテンツを数多く提案し、さらに、「自由研究」として水時計の制作を提案しました。そして、実際にペットボトル(2個)、絵の具、水、ビニールテープ、ストローを用いて、水時計を完成させ、見事なチームワークと行動力を見せました。
一方、「NATS賞」に選ばれたチーム「おかT」は、中核市NATSの取り組みの提案に先立ち、「子どものころ、家族や親せきとどこに行った思い出がありますか?」と問い、「家族で一緒にお出かけしたいと思いませんか? 一緒に遊べる施設が少しでも安くなったらいいと思いませんか?」とさらに問いを深め、NATSの存在を拡散するチャンスだと訴えました。
NATSの中核市4市を合わせると小学生は9000人以上いることから、これらの小学生を対象に子育て支援パスポートを作り、有効活用することを提案しました。少子高齢化の進む社会にあって、思い出作りのために、連携して無料化、半額、もしくは割引して、施設を開放すると、その分コストはかかるとしても、家族の思い出づくりにつながると提案しました。

.
  • 吹田市との官学連携PBL
  • 吹田市との官学連携PBL
  • 吹田市との官学連携PBL
  • すいすいくん賞チーム「松竹梅」
  • NATS賞チーム「おかT」
  • 吹田市職員からの講評
.
2.社会問題PBL

新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から対面授業を自粛し、多くの大学ではインターネットを活用した遠隔授業を始めました。
本学でもLMS(Learning Management System)であるOGU-CaddieやZoomを活用したオンライン授業や遠隔授業が増えました。2020年度前期開講の「キャリアデザイン入門Ⅱ」(非常勤講師 松本治氏担当)のPBLクラスでも外部講師による課題提示イベントは対面授業ではなく、録画した動画をYouTube配信して行われました。 今回の課題提示は、ジャーナリストの畑山氏と公認会計士の杉本氏の両名でした。畑山氏からは「コロナ禍がもたらすビジネスモデルを考える」、杉本氏からは「コロナ禍における有効な支援策」が提示され、学生達はこれらの課題から一つを選んで、解決に向けて取り組みました。

経営学部ホスピタリティ経営学科の三橋さんは、コロナ前のビジネスシーンを思い浮かべ、この状況にチャンスと捉えることはないのかと思いを巡らせました。そして、発表の最後は、「コロナ前の仕事に対する考えをリセットしてみて、対人でなくてもできる仕事や人が必要な仕事などを見極めていくことと、今までにあった省ける仕事をできる限り減らしていくことが今なすべき対策であると思う」と締めくくりました。
同じくホスピタリティ経営学科の山田さんの発表は、連日のコロナウイルスの感染拡大のニュースには経営悪化などのマイナスイメージが多い中で、全社あげて努力している会社に焦点を合わせたものでした。
河内長野市の菊水産業株式会社、大阪市のサクラインターナショナル株式会社での製品を取り上げ、コロナ禍でもポジティブに製品開発に挑む会社について説明しました。コロナ禍でも生き残りをかけた会社の力強さを感じた発表でした。

2名の学生の発表を聞いた畑山氏からは、コロナ禍におけるビジネスモデルについて労働者側だけでなく、会社側双方の視点からメリット・デメリットについても考察するようコメントがありました。同時にポジティブに捉える会社についての学生の発表にエールを送りました。
2020年度前期は対面授業やイベントができないPBLクラスでしたが、松本先生の指導もあり、このような時こそチャンスに捉えようとする日本の企業について知ることができた発表会でした。

  • 社会問題PBL
  • 社会問題PBL
  • 社会問題PBL
  • ホスピタリティ経営学科の三橋さん
  • ホスピタリティ経営学科の山田さん
  • 山田さんの発表資料
.
3.産学連携PBL

2019年度後期において、「キャリアデザインⅢ」(非常勤講師 岡野正宜氏担当)の産学連携PBLクラスでは、株式会社Be&Doの岡本映一取締役と株式会社たけでんの取締役兼専務執行役員の那須 耕三氏、岡村氏、神谷氏(本学外国語学部卒業生)を迎え、PBLに取り組みました。株式会社Be&Doの岡本氏からは仕事と働き方に関して「社会人と健康経営」という課題が提示され、株式会社たけでんからは日本の住環境インフラが抱える課題の中から、「地域活性化に繋がるデザインリノベーション」と言う課題が提示されました。
課題解決発表会では、「社会人と健康経営」について取り組んだグループからは、会社は「健康経営」を導入するのは当たり前であり、やる気の好循環を回すために、「従業員の満足度を高め、やる気をアップする」ことを提案。そのためには働く人のモチベーションを高めるよう、報奨制度や給与アップ、サンキューカードの導入をすすめ、会社の生産性の向上につなげ、収益をアップ、株主へも利益配当ができるのではないかと締めくくりました。
株式会社Be&Doの岡本氏からは、「やる気」「モチベーション」についての考察と議論を深め、人の幸福論にも言及すればもっとよい発表になったとの講評がありました。分からないことがあった時にどのような行動を取ればよいかなどのアドバイスもありました。

次に、「地域活性化に繋がるデザインリノベーション」の課題に対し、東京一極集中、職人の後継者不足、地方インフラの老朽化がもたらす日本の住環境の課題の解決のためには、「外国人観光客を呼び込もう!」とする主旨の解決案が発表されました。学生達は、地域の活性化には、①地域の特色を生かし、外国人観光客を呼び込む仕組みづくりによる地域人口減少への歯止め、②外国人観光客を呼び込むためには、日本文化を体験させることが重要、③地域活性化に関するキーマンの存在を挙げました。具体的には、アニメや映画の聖地があり、格安航空会社が就航している地域の活性化について、地域住民の心構え、外国人観光客の受け入れ態勢、リノベーションの対象など具体的に提案しました。
株式会社たけでんの那須氏からは、訪日観光客を取り巻く状況(オリンピック、万博、IRなど)インバウンドの現状についての考察と整理があればさらによい発表になったと的確なアドバイスがありました。

  • 産学連携PBL
  • 産学連携PBL
  • 産学連携PBL
  • 「社会人と健康経営」についての発表
  • 株式会社Be&Do様からの講評
  • 株式会社たけでん様からの講評
.
このページの先頭へ
.