.
大阪学院大学 在学生の皆様へ
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 在学生の皆様へ
  3.  > 教務関連諸規程(卒業、転学部・転学科、編入学・転籍、各種課程)

教務関連諸規程

10. 卒業

(1)
卒業発表は2月下旬に教務事務室教務課掲示板(12号館1階学生食堂前)で行う。また、前期末卒業は8月下旬に教務事務室教務課掲示板で行うので、発表日には必ず登校し、各自で確認すること(電話や代理人による合否の照会には一切応じない)。
なお、再試験該当者は、卒業発表日とその翌日(日曜日の場合は月曜日)の両日が再試験の受験申込日(追試験の認定者を含む)となっているので、受験申込手続きを怠らないよう注意すること。
(2)
4年次後期において卒業に必要な単位を修得した者は、3月下旬に卒業が認定され、学士の学位を授与される。
(3)
4年以上在学し、前期科目を履修し合格したことによって卒業要件を満たした者は、前期末(9月下旬)に卒業が認定され、学士の学位を授与される。
なお、前期末卒業を希望する場合は、5月中旬に実施する説明会に出席して、願出期間内に保証人連署のうえ所定の「前期末卒業願」を提出し、許可を得なければならない。

11. 転学部・転学科

(1)出願資格

本学において、1年次以上(3年次に転学部・転学科希望の場合は2年次以上)の課程を修了した者または修了見込みの者。
ただし、現在在籍中の者に限る。

(2)転学部・転学科年次

2年次または3年次とする。

(3)試験科目

面接

(4)単位の認定

転学部・転学科する以前の学部・学科で修得した授業科目および単位のうち、当該学部・学科で同一と判定される科目および単位について、転学部・転学科年次が2年次の場合は48単位、3年次の場合は96単位を上限として認定し、成績は認(R)の評語により表すものとする。

(5)卒業必要単位数

各学部の学科目履修規程どおりとする。

12. 編入学・転籍

学部に編入学および転籍した者の単位の認定および卒業に必要な単位数を次のとおり定める。

(1)編入学

単位の認定
共通科目・専攻科目および演習科目を合わせて62単位を認定する。
なお、成績は認(R)の評語により表すものとする。
卒業必要単位数
各学部の学科目履修規程どおりとする。

13. 各種課程

(1)教職課程

教職課程
教職課程とは、教育職員免許法および同法施行規則に定める所定の単位を修得して、教育職員となる資格を得るための課程である。
教育職員免許状を取得するためには、卒業必要単位数とは別に教職課程科目の単位を修得しなければならない。
履修方法の詳細については、「免許・資格課程履修要項」を参照すること。
履修希望者は、教職課程説明会(オリエンテーション期間中に実施)に必ず出席すること。
なお、各学部・学科において取得できる教育職員免許状の種類および免許教科は、次のとおりである。
学部 学科 教育職員免許状の種類および免許教科
中学校教諭1種免許状 高等学校教諭1種免許状
- 商業
流通科学 流通科学 - 商業
経営 経営 - 商業
経済 経済 社会 地理歴史
公民
社会 地理歴史
公民
外国語 英語 英語 英語
国際 国際 社会 地理歴史
公民
情報 情報 - 情報
企業情報 企業情報 - 商業
情報
「小学校教諭1種免許状」取得プログラム
「小学校教諭1種免許状」取得プログラムとは、神戸親和女子大学通信教育部との提携により「小学校教諭1種免許状」の取得に必要な単位の修得を目的としたプログラムである。
本プログラムは、中学校または高等学校教員免許状取得を前提としたものであり、小学校教員免許状のみの取得はできない。
また神戸親和女子大学通信教育部での科目履修となるため、別途経費・テキスト代等が必要となる。
履修希望者は、教職課程説明会(オリエンテーション期間中に実施)に必ず出席すること。

(2)博物館学芸員課程(国際学部設置課程)

博物館学芸員課程(以下、学芸員課程)とは、博物館法および同法施行規則に定める所定の単位を修得して、学芸員となる資格を得るための課程であり、本学の国際学部に設置している課程(学則第7条の5項)である。設置学部以外の者で学芸員課程の履修を希望する場合は、「免許・資格課程(詳細)」(オリエンテーションで配付)を参照すること。
学芸員とは、博物館資料の収集、保管、展示および調査研究、その他これと関連する事業についての専門的事項をつかさどる職員である。(博物館法第4条第4項)
学芸員課程の履修希望者は、学芸員課程説明会(オリエンテーション期間中に実施)に出席すること。

(3)図書館司書課程(国際学部設置課程)

図書館司書課程(以下、司書課程)とは、図書館法および同法施行規則に定める所定の単位を修得して、司書となる資格を得るための課程であり、本学の国際学部に設置している課程(学則第7条の4項)である。設置学部以外の者で司書課程の履修を希望する場合は、「免許・資格課程(詳細)」(オリエンテーションで配付)を参照すること。
司書とは、図書館の専門的事務に従事する職員(図書館法第4条第2項)であり、図書館資料(図書、雑誌、文献文書など)の収集・整理・管理および運営等を行なう専門職である。この資格は公共図書館のみならず、大学(短大)や企業の図書館・資料室などでも求められている。
図書館司書課程の履修希望者は、図書館司書課程説明会(オリエンテーション期間中に実施)に出席すること。

(4)学校図書館司書教諭課程

学校図書館司書教諭課程(以下、司書教諭課程)とは、学校図書館法に定める所定の単位を修得して、司書教諭となる資格を得るための課程である。
司書教諭とは、中学校および高等学校に設置された学校図書館の専門的職務をつかさどる教諭のことである。 司書教諭資格は、教育職員免許状を有することが資格取得の前提条件となっているため、教職課程との併修が履修の条件となる。(司書教諭課程のみの履修はできない。)
履修方法の詳細については、「免許・資格課程履修要項」(オリエンテーションで配付)を参照すること。
履修希望者は、司書教諭課程説明会(オリエンテーション期間中に実施)に必ず出席すること。

.
このページの先頭へ
.