TOPへ

【OGUフォトコンテスト2017】審査結果発表

ばら園コース

トップページにもどる OGUコースの作品を見る

写真をクリックするとトリミング前の写真がご覧いただけます。

グランプリ受賞作品

トリミング前

「薔薇に囲まれたOPPENのロゴ」

中尾 恵一 様(大阪府枚方市)

OPPENのロゴが美しい薔薇で囲まれるように撮影しました。
今以上に多くの方々にOPPENを知って頂くことで、薔薇も更に美しく咲いてくれると思います。

審査員コメント:柔らかで美しい光が、狙ったバラの花を包んでいます。逆光の効果で、花、葉っぱに立体感を感じさせ、OPPENの文字をボカスことでより花を強調させています。すばらしい写真です。

特選受賞作品

トリミング前

「園のリーダー」

原田 伍男 様(大阪府摂津市)

園にふさわしい風格とボリューム

審査員コメント:柔らかい光で、バラの花を美しく見せています。白い建物、淡いピンクの花の塊が、清潔感のある画面を作られました。バラの花を強調するために、OPPENの文字をボカスともっと力強い写真になります。

トリミング前

「笑顔でお迎え」

常藤 光一 様(大阪府豊中市)

本館正面に首飾り状の色とりどりのバラが来場者を出迎えてくれました。

審査員コメント:トップライトでバラの花を立体感のあるものにし、画面いっぱいに咲いた花、つぼみを配した構図で力強いものにしています。後ボケの効果が大きいと思います。

入選作品

トリミング前

「さあ~!胸を張って!!」

横田 初子 様(大阪府吹田市)

ピンクはやっぱり女性のあこがれ!青空とかわいいピンクでシンプルに仕上げてみました。

審査員コメント:画面の中のバラの花の大きさと量、配置もよく、良い写真です。 が、狙った花にピントが合っていません。 シャッターを切る前に、ファインダーの中を、二度三度確認することで、もっと良い写真になります。

トリミング前

「硝子の雲と薔薇の花」

黒川 民子 様(大阪府吹田市)

社屋の硝子に映る雲があまりにも美しかったので思わずシャッター切りました。

審査員コメント:青空を感じる、スッキリした画面です。光の位置が、正面にあり、画面全体が平面に感じます。 硝子に写る雲が美しく感じたのであれば、雲にピントを合わせ、手前のバラをボカスことで、 もっとレベルの高い写真になります。

トリミング前

「薔薇に囲まれて」

西條 親来 様(大阪府吹田市)

満開の薔薇園でイニシャル見つけた。

審査員コメント:後ボケを作り、狙ったバラの花が力強く表現できました。 画面構成もよく、良い写真です。が、画面左の枯れた蕾があること。 その下の緑の面積が広いことが残念です。

佳作作品

トリミング前

「有り難う」

岡野 忠雄 様(大阪府吹田市)

車椅子で見学。感謝感謝です。

審査員コメント:オッペンの、バラ園開放の主旨にあった写真です。 バラの花の配置、人物の入れ方もいいです。が、 光があれば、上位に入る写真でした。

トリミング前

「扉を開こう」

横田 初子 様(大阪府吹田市)

ちょっとした勇気が人生を変えるかも・・・ 素敵なバラのアーチをくぐって一歩踏み出したい!

審査員コメント:建物をボカスことで、狙ったバラも花は表現できています。画面右下の、ボケの花が要るのか。 花の面積とボケの面積が同じ。 バラを生かす空間にすれば、いい写真になります。

トリミング前

「私も、がんばる!!」

西村 倫子 様(大阪府吹田市)

4歳の娘が、「私もフォトコンテストに出す」とがんばって写真をとっている姿がかわいくて、その姿とバラと「OPPEN」を入れて撮影しました。 

審査員コメント:お嬢様のかわいい姿、バラの花、建物は美しく、記念写真としてはいいと思います。 が、バラの奥の白い傘の二人、マスクの人、黒い傘の人がなければ、いい写真になります。

.

トリミング前

「記念撮影」

印藤 忠臣 様(大阪府箕面市)

仲むつまじい御夫婦が、バラ園を訪れた記念に写真撮影、気持ちがホッコリしてきます。

審査員コメント:ご夫婦の良い瞬間を撮られました。バラの花の面積を多く、人物を左に配置。 狙いを強調するためには、人物にピントを合わせ、 手前のバラをボカスことにも挑戦してください。

トリミング前

「バラと音楽の共演」

今井 清博 様(大阪府吹田市)

雨上がりの雫で美しいバラを楽しんでおりましたところ、OGUの明るいブラスバンドの音が聞こえてきました。思わず駆け寄ってバラと音楽の共演を撮影しました。

審査員コメント:建物の白と縦の線、テントの白、楽団員の白のユニフォーム。 楽団員の白の面積を左に配置したこと。右下に空間を作り、画面を大きく見せることができました。天候が良ければと思います。

.