TOPへ

OGUフォトコンテスト2017 審査結果発表

OGUコース

トップページにもどる ばら園コースの作品を見る

写真をクリックするとトリミング前の写真がご覧いただけます。

グランプリ受賞作品

トリミング前

「踏み出す一歩」

篠崎 大雅 様(大阪府茨木市)

道の先に広がる大学を写した作品です。

審査員コメント:シンメトリーで美しい世界を作られました。 曇りの日に撮影したことで、画面の上、左右の壁のグラデーションが表現できました。 奥行と広がりを感じさせる、深みのある良い写真です。

特選受賞作品

トリミング前

「クラリネットと学院の噴水」

東海 奈緒子 様(大阪府大阪市)

暑くなってきた中涼しげなイメージで撮りました。

審査員コメント:学生たちの気持ちを和ませる場所、噴水。 狙った被写体、クラリネット以外をボカし、画面を強調されました。 「写真感覚」を感じます。

トリミング前

「時計台のある風景」

土屋 敬一朗 様(大阪府吹田市)

時計台の前には噴水があった。

審査員コメント:美しい光で撮影が出来ました。光は被写体に対し、明るいところ3、暗いところ7位の角度でしょう。 後からの光で建物、木、水の質感が表現でき、スッキリした画面を感じます。

入選作品

トリミング前

「自然豊かな綺麗なキャンパス」

田村 尚之 様(大阪府高槻市)

大阪学院大学の魅力は、自然豊かで過ごしやすい綺麗なキャンパスである事だと思い、この写真を応募しました。この写真は、僕がよく座っているベンチの近くで撮影しました。

審査員コメント:空は白く、光の量は少ないですが、ベンチの下に影を感じます。 緑の中の赤い花、白いベンチが絵としての効果を出しています。 光があればすばらしい写真になります。

トリミング前

「日向の憩い」

山本 麻美 様(大阪府摂津市)

お昼休みには生徒が集まっているコンビニ前の自然に囲まれた憩いの場。

審査員コメント:温かみを感じる憩いの場所を、美しい逆光で撮っておられます。 大きな植物園にも感じさせるすばらしい瞬間です。 芝に届いているこぼれ日は、画面に強さを感じさせる効果となっています。

トリミング前

「OGUのいい所を覗いてみよう」

浅井 波 様(大阪府南河内郡)

みんなにもっとOGUの素晴らしい所を見つけていってほしいという願いからこの写真を選びました。

審査員コメント:時計塔のある学舎のただ広いだけの空間を左手で隠し、緊張感のある画面を作りました。 「写真感覚」を持っておられます。 (プリントの仕上げをよくすれば、いい写真になります。)

佳作作品

.

トリミング前

「光と風と」

山際 眞孝 様(大阪府吹田市)

学院に爽やかな5月の風と自然の光が降り注ぐかまぼこ型天井のヴォールト まっすぐ進め学院大生!

審査員コメント:真線と曲線に心が触れたのでしょう。 いいところに目がいきました。 が、曲線部分に植物が入っていなければもっといい画面になったでしょう。

トリミング前

「学院の朝」

上田 彩葉 様(大阪府吹田市)

朝、登校時に綺麗だなと思わず撮った写真です。

審査員コメント:朝の美しい光で樹々の緑も気持ちよく感じます。 狙った朝の、さわやかな空気を写しましたね。 いい写真です。

.

トリミング前

「裏世界」

磯橋 輝 様(大阪府吹田市)

見方を変えて違う角度から見ると、また違う世界が見えてくるような写真。

審査員コメント:斬新な狙いで、すばらしい世界を見つけました。 いい写真です。 これからは政治も経済も対人関係も、この感覚で見ると、もっとすばらしい写真が撮れます。

トリミング前

「新緑に包まれて」

常藤 光一 様(大阪府豊中市)

学舎が新緑に囲まれて、学ぶ学生達の成長にすばらしい環境を提供している。私事ですが、二男がお世話になり、20年前に卒業しましたが、思いも新鮮です。

審査員コメント:緑の中、学舎のいいところを見つけられました。 が、次回からは光を大切に考えること、街灯、照明塔などが目立たないよう工夫すると、 もっといい写真になります。

トリミング前

「のどかな自習室」

東野 沙紀 様(大阪府大阪市)

普段自習につかっている場所が、疲れていて動かなくても横を見れば、光が射し風になびく木が心身共に私をおちつかせてくれます。

審査員コメント:美しい光で、心の和む世界を作られました。 緑の中にある柱、横に走る電線を逆光で分かりにくく写すことができました。 画面左下に、シルエットの人物があれば最高です。

.