オーストラリア~CQ大学 (酒井 雲母)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部2年次生 酒井 雲母

オーストラリアで生活し始めてからちょうど3か月が経過しました。先月5人目の孫が生まれるということで、ホストファミリーの孫4人がうちに泊まりにきたのですが、たった2日だけだったのにもかかわらず、ホストファザーが不在だったこともあり、みんなのあまりにパワフルさにホストマザーと2人で格闘しました。そしてここでは121日からクリスマスのイルミネーションを点灯し始める習慣があるらしく、現在は家の近所がとても煌びやかです。

Kirara hostfamily 孫.jpg ホストファミリーの孫の一人Kirara market tree.JPG クリスマスイルミネーション

先日、幸運なことに語学センターの私を含めた日本人6人と先生2人で西の方へ2日間の遠足へ行く機会がありました。遠足とはいっても現地の学校3校を訪問し、21組で企画した日本文化についてのアクティビティを通じて生徒と交流するといったものでした。私のチームはお箸のマナーと使い方を教えた後、チョコレートとグミを使ってリレー形式の競争をしました。時間の都合で全て思い通りにはいかなかったものの、想像していたよりも皆上手で楽しんでくれたので良かったです。3校中1校は先生が日本語で話しかけてくださったのですが、もちろん私たちの先生やそこの生徒には英語で話さないと通じません。そのため途中で自分たちの先生に日本語で話しかけてしまったり、英語と日本語が混ざったりと1人で混乱していました。2校目の生徒の家で1泊したのですが、初日の夕飯前に山の頂上まで車で連れて行ってもらい、道中で野生のワラビーやブラックカンガルーを見ることができました。山頂からの景色もとても綺麗で、そんな機会があるとは思っていなかったので、カメラを持っていかなかったことを少し後悔しました。その翌日にプレゼンテーションがあったため、授業を欠席した分の遅れを取り戻すために、帰宅後すぐに机に向かわなければいけませんでしたが、この2日間は留学生活の一部としてとてもいい経験になりました。

Kirara 山頂.JPG 山頂からの景色

授業も残り2週間だけとなり、クリスマス、お正月、私の誕生日が過ぎればもう帰国しなければいけません。この留学を通して色々な人に出会えたことに感謝しつつ、さらに最後まで頑張って勉強を続けたいと思います。今週末に私がオーストラリア留学を決めたきっかけとなった2016年夏の日本語短期研修生のメンバー1人に会えるのでとても楽しみです。

韓国~ダングック大学 (喜多 彩)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年次生 喜多 彩

こんにちは。韓国のダングック大学に留学中の外国語学部3年次生の喜多彩です。 

韓国に来て、3ヵ月ちょっと経ちました。前のブログからは1ヵ月経ちましたが、未だに韓国人の友達は出来ていませんが、韓国人のルームメイトとは最近よく話すようになって、私の誕生日には部屋でロウソクに火を付けたケーキを用意して、誕生日の歌を歌ってくれました。

私は友達を作るきっかけのためにダンススクールに通いましたが、そのダンススクールは中高生が多く同年代の人たちがいないので、今通っているところは辞めて、新しいスクールを探そうと思っています。他にも大学のサークルに入るために、部長に連絡をして1度は返事がきましたが、その後は返信が来なくなってしまいサークルに入ることはできませんでした。韓国ではサークルに入るのは春がメインなのでタイミングが悪かったのかなと思い春学期にもう一度連絡するつもりです。

韓国人の人たちと関わる機会は少ないですが、私は大学のプログラムで日本語の先生をしているので、その授業では韓国人の人たちと話すことができます。そのプログラムの生徒さんたちとは、授業の時間を使って、韓国にある福岡もつ鍋屋さんに行ったり、お酒を飲みに行ったり、この間の授業ではたこ焼きパーティーを韓国人の人たちとしたいなと思い、自分で企画しました。生徒さんから他のクラスの人たちも一緒にしたいということで、ほかのクラスの人たち、その友達も誘ってたこ焼きパーティーをしました。全員で12人いましたが、たこ焼き300個分の材料を用意したので最後はみんなおなか一杯で疲れていました。でも楽しんでもらえたようなので、企画してよかったなと思っています。

Ayaもつ鍋.jpg もつ鍋屋で(本人右から2人目)

Ayaたこ焼き.jpg たこ焼きパーティーで(左から3人目)

そして少し前まで韓国に来て韓国語の実力が伸びている実感はなかったのですが、韓国人が韓国語で会話している時に会話を聞き取れたり、ご飯に行って店員さんに話しかけられた時に会話することができたりなど、最近になって少し自分の成長を感じることがあるので嬉しく思います。

それと最近ソウルで行われている日韓交流会の団体を見つけたので、今週行くつもりです。そこでいい友達になれる人たちと出会えたらいいなと思っています。

韓国~ダングック大学(岩永 真実)

| コメント(0) | トラックバック(0)

国際学部2年次生 岩永 真実

こんにちは。11月初旬に語学堂の授業が終わり、今は大学の授業2つだけなのでゆっくりと過ごしています。授業のない日は出来るだけ部屋にこもらないように、ソウルに出かけたり、コンビニに行ったりするだけでも、毎日部屋の外に出るように心がけています。そのおかげか、以前より友達が増えました。

サムギョプサル.jpg日韓戦.jpg 

〔左)友人たちとサムギョプサル(右)日韓戦観戦

語学堂の1学期間を終えて感じたことは、途中で来なくなったクラスメイトもいて勉強に対する姿勢は両極端ですが、頑張る人は勉強に対してすごく意欲的です。わざわざ国を出て勉強をするのだから当たり前と言えば当たり前ですが、日本の大学では感じたことのない環境の中で学ぶことができて良かったです。何となく大学に進学した自分と、勉強がしたくて大学に入った人ではこんなに違うのかと思いました。 

自由な時間があるうちに、留学中にしかできない現地の人との交流をもっとしたいです。日本語サークルに誘われて、気づけば入会していたのですが、アニメが好きな人が多く、私は詳しくないので、あまり行けていません。せっかく誘ってもらったので、これからは行こうと思います。また、アニメは海外では良く知られた日本の文化なので、留学前に少しは見ておけば、もっと楽しく会話ができたのになと思いました。

最近すごく寒くなり、氷点下になる日が多くなりました。コートを2枚着こんで出かける日もあります。この前は雪がたくさん振り、大きな雪だるまを作りました。大阪はあまり積もることがないので、雪だるま作りは寒さを忘れるほど楽しかったです。冬になると-15℃ぐらいまで気温が下がり、私の通っているダングック大学の校内は坂が多いので、坂で学生がよく滑ることで有名だそうです。毎日寒くて鬱になりそうですが、雪が綺麗で冬が楽しみになりました。

雪だるま.jpg

同じ時期に学部留学で出発した友達が次々と日本に帰っていくのを見て、自分では実感がないですが、時間が過ぎていくのが早いと思いました。2学期間あるからとゆっくりしすぎたかもしれません。残りの1学期は気を引き締め頑張りたいと思います。

韓国~スンチョンヒャン大学(松山 由華)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年次生 松山 由華

こんにちは。韓国に留学をしている松山 由華です。留学生活も残すところ2週間になってしまいました。前回のブログ投稿から今まで、たくさんの出来事がありました。

先日、Global Dayというイベントに参加しました。様々な国がゲームやその国の食べ物などをだすお祭りの様なものです。日本は餅を焼きました。みんな美味しいと言って食べてくれたので嬉しかったです。ダンスの発表や伝統的な楽器の演奏などの舞台も見ることができ、とても楽しかったです。 

Yuka Global Day.JPG

 ルームメイトと景福宮に行って韓服を着たこともいい経験でした。これは韓国に留学する前からしてみたいことの1つでした。綺麗で可愛い服がたくさんあり、ドラマで見たような伝統衣装を着ることができたので、ワクワクしました。自分で好きな色を選び、それを着て宮殿を見に行きましたが、そこには韓服を着た外国人の観光客がたくさんいました。ルームメイトと写真を撮って東大門市場でチヂミとビビンバを食べてとても良い思い出になりました。

Yuka Hanbok.JPG  景福宮で

Sports Tonightも楽しかったです。運動会の様なもので、4チームに分かれて色々な競技をしました。簡単且つみんなが楽しめるような競技だったので、スポーツが苦手な私でもみんなで楽しくできたのでよかったです。同じチームに日本人がいなくて最初は不安でしたが、チームメイトは本当に優しく、寂しい思いはしませんでした。私たちのチームは優勝できませんでしたが、楽しいイベントでした。

Sports Tonight.jpg

日本に帰国する前に試験があるので、良い点を取れるようにしっかりと勉強しています。特にCultural Internship という授業が難しいです。言語や文化、習慣の違いなどを留学生とディスカッションする授業です。先生が何を言っているのかほとんど聞き取れず、喋ることができないです。でもテストだけでもいい点を取れるように頑張ります。

アメリカ~ミシシッピ大学(耿 尼克)

| コメント(0) | トラックバック(0)

商学部2年次生 耿 尼克

こんにちは!米国のミシシッピ大学で留学中のNikeです。とうとう11月になり、米国のミシシッピ大学での留学はすでに3か月が過ぎました。この3か月で様々な経験をしました。日本ではできない、あるいは日本の大学は経験できないことがたくさんありました。

ヨーロッパ諸国から来た学生達とのパーティーに良く参加します。また、たまに寮のラウンジで一緒に映画を見たりします。

Nike Friends 11.jpg 大学のスクエアでのパーティー

そして、アメリカでは11月にボストンキャリアフォーラムという就活イベントがありました。このイベントは、日英バイリンガルための就職のためのものです。世界各地の日本人が、開催中の何日間、ボストンという大都市に集い、仕事を探します。私は同じミシシッピ大学に留学中の日本人学生達と一緒にそのイベントに参加してきました。行ってみると、日本人だけでなく、アメリカ人や中国人または韓国人たちも会場に足を運んでいました。参加している学生たちの多くはUCLA、京大、早稲田など世界の名門の大学出身の学生たちばかりでした。自分は前もってエントリーシートやレジュメの日英バージョンを用意していましたが、当日は約8000人の参加者がいて、なかなか競争率が高かったです。

Boston venue.png  ボストンキャリアフォーラムの会場

フォーラム終了後は、友達とボストンの街中で観光をしました。日本と比べならない程の大都会でした。高層ビルや西洋風な建築物はどれも魅力的だと感じました

Boston1.pngBCF2.png 

最後に、留学先の授業を兼ねて、インターンシップを探す活動はとても大変でした。大学内外の活動に参加するには、もっと高い英語力が必要です。これを意識にして、残りのアメリカでの交換留学の生活を過ごしたいと考えています。

オーストラリア~CQ大学 (顧 一帆)

| コメント(0) | トラックバック(0)

商学部4年次生 顧 一帆

こんにちは。私は元気に留学生活を送っています。今、CQ大学のメルボルン大学で15週間の英語プログラムで学んでいます。ここに来て85日が経ちました!9月にこちらに来た時は、大阪からメルボルンまで13時間かかりました。長い時間かかりましたが、助けてくれる人たちがたくさんいて、飛行機でも良く眠れました。

メルボルンに来るのはこれが2度目です。サザンクロス駅に着くとそこには見慣れた景色がありました。ホームステイをすることも考えたのですが、大学から遠かったので、友達と一緒にアパートを借りました。家賃は高いですが、ルームメイトも大家さんも親切なので、快適な毎日を過ごしています。アパートは大学にとても近く、街の中心部にあり、スーパーやクィーン・ビクトリア・マーケットにも近いのが何より良いです。

留学生活はとても楽しいです。前回メルボルンに来たのは、海外研修のプログラムでしたが、その時に会った先生たち、ウィルとメアリーにも再会し、また、CQ大学で仲良くなった友達にも再会しました。プログラムが開始してすぐの914日に、CQ大学の中国人留学生たちと一緒にご飯を食べました。また、先生たち主催のBBQもあり、伝統的なオーストラリアのBBQを楽しみ、またそこで新しい友達がたくさんできました。

Jessica Alice.JPG 英語教員のMary 海外研修以来の再会

Jessica Chinese friends.JPG  中国人学生たちとの食事会

CQ大学の英語プログラムは、正しい英語を学ぶことができるので、コミュニケーション能力を向上させることができると思います。月曜日から金曜日まで、毎日授業があります。語学、リスニング、リーディングだけでなく、会話力も向上させることができました。まだまだ頑張らないといけないところが多いので、これからもより高度な単語力、論文が書けるぐらいのライティング能力を身に付けたいと思っています。すでに10週間が過ぎましたが、残りの5週間はEAPとうい大学進学を目的として英語プログラムで学びます。

Jessica GE class.JPG 

General Englishのクラスメートたちと(本人左から4人目)

大学のキャンパスは街の中心部にあるので、授業が終わると、友達と一緒にランチを食べに行きます。メルボルンは色々な人種が住む街なので、 色々な料理を食べることができます。また、Federation Squareでのんびり座ったり、ショッピングに行ったりします。また、ローカルのイベントも様々あります。先日は、韓国のガールズグループのGRRIENDSが私のアパートの近くでライブをしたので、それを見に行きました。とても面白かったです。週末には、クィーン・ビクトリア・マーケットにフルーツ、野菜、お肉を買いに行きます。時々家でも料理をして、友人を家に呼び、一緒に食事をすることもあります。

Jessica Melbourne.JPG

メルボルンは観光地も多いので、これまでGreat Ocean RoadThe Twelve ApostlesChadstoneショッピングセンター、中国人が多く住むBox HillSt Kia Beach、アウトレットとレストランが集まる海辺の近くDocklands などに行きました。毎日何が楽しいことがあるので、ここでの生活に飽きることがありません。残りの生活も楽しみたいと思います。

St Kilda Beach.jpgJessica friends.jpgJessica graffiti.JPG

ドイツ~マインツ専門大学(福島 由隆)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部2年次生 福島 由隆

ドイツのマインツに留学している福島由隆です。流れるように時間が過ぎ、早くも2ヵ月が経ちました。まだ生活には慣れず、でも寮の部屋に帰った時に“帰った”という安心のようなものを感じてもいます。自分から話しかけていくことがなかなかできず、最初はこのままずっと一人になるかもしれないと悩みましたが、周りの人たちが積極的に話しかけてくれたり、ご飯や買い物に誘ってくれたりして、少しずつ交流が増えていきました。 

写真Yutaka10①.jpg 友人たちとラーメン屋で(本人右端)

先日、フランス人とイタリア人の留学生がフランクフルトにラーメンを食べに行こうと誘ってくれました。そこで、サムライが好きで剣道をやっているドイツの方と出会い、日本について話しました。出掛けた先で知らなかった人と出会い、人の輪が繋がっていくのは、なんだか不思議な感じがします。

マインツは歴史的な建物が多く、とても綺麗です。映画に出てきそうな風景ばかりで圧倒されます。

写真Yutaka10②.jpg写真Yutaka10③.JPG

写真Yutaka10④.jpg

憧れていた風景です。これからもっともっと色々な景色を見たいです。

気温が少しずつ下がってきて、朝晩はとても寒いです。ですが、昼間になると暖かくなり、シャツ一枚でも十分なほどになります。1時間目が始まるのが815分ととても早いので、とても寒く、昼との気温差が少し厳しいです。

写真Yutaka10⑤.jpg

とうとう授業も始まりました。英語とドイツ語、マーケティングや様々なビジネススキル、プレゼンテーション、文化の違いなどを学んでいます。マーケティングは、ドイツに来る前に日本で半年間独学で勉強をしたのですが、不十分だったと感じ、また1から勉強を始めています。クラスにはドイツ以外の国の学生が多く、それぞれの文化について尋ねられることが多いです。誰もが自分の国の文化についてしっかりとした知識を持っていて、それを説明する英語力も持っています。僕の場合は、答えが曖昧になったり、伝えたいことを伝えきれなかったりすることが多く、その度にもっと勉強しなくてはいけないと改めて感じます。正直、どの授業も本当に難しいです。ですが、その分やりがいを感じてもいます。ここで負けたくないです。このまま諦めず頑張っていきます。

写真Yutaka10⑥.jpg

(2017.10.27)

外国語学部3年次生 杉浦 健太朗

こんにちは。オランダのフォンティス応用科学大学に留学中の外国語学部3年次生、杉浦健太朗です。今回で2回目のブログ投稿です。オランダでの留学生活も、残り1か月程となりました。前回の投稿からの変化について紹介したいと思います。 

まずは授業についてです。前回の投稿では難しくて付いていく事に必死と言っていた授業ですが、今では少しずつ理解して発言する回数も増やすことができるようになりました。もちろん今でも内容を理解するのが難しい事に変わりはありませんが、それでも以前の私と比べると少し成長したのではないかと思います。この調子で今よりももっと高いレベルを目指して頑張ります。

続いては生活についてです。10月下旬に大学主催のイベントで、ドイツにあるMovie Parkという場所に行く機会がありました。USJを小さくしたようなテーマパークで、夜にはハロウィンホラーナイトのようなイベントもありました。海外でハロウィンを過ごすのは初めてなのでとても面白く、貴重な体験ができたと思います。またセメスター中の休みを利用して、ベルギーにも旅行に行ってきました。日本でも有名な観光地である小便小僧を見に行ったり、ヨーロッパの古風な建物の残る町に滞在をしたりしました。オランダとはまた雰囲気が違い、町中に突然城跡が現れたりして、歴史を直に感じられる旅行でもありました。

Kentro Movie Park.jpgPhoto1.jpg

Kentaro Castle.jpgKentaro Belgium.jpg

左上からドイツのMovie Park、ベルギーの景色、城壁の上で

11月に入ってからは気温が低い日が続き、いよいよ冬が近づいてきました。特に夜は気温が0℃近くまで下がることが多く、朝起きると屋根に霜が降りている事がしばしばあります。町も間もなく迎えるクリスマスに向けて、少しずつ装飾品を飾る家が増えてきています。たくさんのイベントがある季節をヨーロッパで過ごすことができるのは、留学以外ではあまりできない貴重な機会かも知れません。いまこの場所に居られる事に感謝し、楽しみたいと思います。

残された留学期間を考えてみると、本当に残り少なくなりました。この留学開始から今までで一体何を学んだのか、何を手に入れたのかを考え、残された時間で自分は何ができるのか。いつも考えるようになりました。成長を感じられる面もあれば、新たな課題を見つけることもできました。日本に居る時は学業やアルバイト等、常に何かをして忙しくしていたため、変化の無いいつも通りの日々を過ごしてきました。しかし、今は新しいことを新しい環境で学ぶと同時に、自分自身と真面目に向き合うことのできる時間でもあります。残された期間は、勉強以外でも自分自身をさらに高める事ができるよう、精一杯頑張って帰国したいと思います。

外国語学部3年次生 矢野 さりか

Hallo!

外国語学部3年次生の矢野さりかです。本格的に寒くなってきました。寒がりで冷え性の私にはすでに真冬に感じます。暖房のない部屋で過ごすのが苦痛です。また、学校内も寒く、暖房がついているのかもしれませんが、私には全く感じられません。授業中は寒さとの戦い、そして冷えて言うことの効かない手を温めることに必死です。

先月は、Fall Break(秋休み)の期間中に2度目のパリ&ディズニーに行ってきました!8月に行かなかったノートルダム大聖堂に行けたのが嬉しかったです。その旅行から帰ってきたら、私の住む街に小さな移動式遊園地ができていました。それ以外にも寒い中ボートに乗るために田舎の方へ行ったり、授業の一貫でビール工場見学をしたり、学校主催のハロウィンイベントでドイツにあるMovie ParkというUSJみたいな所に連れて行ってもらったり、今年初のスケートに行ったりと充実した1ヶ月でした!

Sarika Paris2.jpg 友人とパリで

Sarika Beer factory.jpg ビール工場で

Sarika Movie Park.jpg ドイツのMovie Parkで

11月に入ってからは、TED x Venloというイベントに参加して、実際にTEDが観るという貴重な体験をしました。また、先日は大学でバスケットボールのAll Star Challengeに参加し、まさかまさかのスリーポイントシュートのチャンピオンになっちゃいました!コーチからTシャツをプレゼントしていただきました。

Sarika Basketbal2l.jpg バスケットボールクラブのコーチと

最近、授業中にFinal Examの説明をされ、もうすぐで1セメスターが終わってしまうのだなと思いました。この1学期間、色々なことを勉強してきましたが、Beginner Englishの授業でBusiness LetterCover LetterInterviewの練習をしていて、内容はとても難しいですが、この授業は私にとって非常に役立つ内容で満足しています!

あと1ヶ月で今年が終わる=就活が本格的に始まるということで、留学先での勉強もしないといけませんが、そろそろ真剣に企業とコンタクトをとることや履歴書の下書きなどをし始めないといけないなと思っています。ここ最近、みんなよりもスタート時期が遅れるっていう不安と焦りがあります。わかっていたことでも、時間が経つにつれて更に焦る自分がいます。今はテストのことで一杯いっぱいですが、就活のことも怠らずに毎日コツコツ頑張りたいと思います。

1ヶ月早いですが、MERRY CHRISTMAS!そして、良いお年を!

では、また来年〜。Bye!

アメリカ~センテナリー大学(芦田 真衣)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部2年次生 芦田 真衣

こんにちは。センテナリー大学に留学中の外国語学部2年次生の芦田真衣です。アメリカに留学してから約3か月が経ち、私は1セメスター留学のため留学生活が残り約1か月になろうとしています。

今までのブログで授業についてあまり詳しく触れていなかったので、まず授業について書きたいと思います。私はWritingReadingConversationDesign & Color4つの授業を取っています。ESLという英語を学ぶ留学生のためのプログラムがあり、WritingReadingConversation は留学生向けの授業です。あともう1科目、好きな授業を選択できたため、先生と相談をしてDesign & Colorの授業を取りました。最初は、この授業だと単位認定がされるかわからないし、ESLの授業と違い学生もアメリカ人ばかりなので、履修をためらっていました。しかし、今ではこの授業を取って良かったと思っています。先生も優しく、私が理解しやすいように教えてくれるので、楽しく授業を受けています。

Mai design and color class.jpg Designe & Color Classの作品

授業だけでなく、普段の生活も充実しています。NYに行ったり、日本料理を作ってパーティーをしたり、友達の誕生日会をしたり、毎日楽しく過ごしています。また、1122日からThanksgiving Dayの休暇があります。そのため、学校でInternational Thanksgivingという私たち留学生が体験できる日がありました。先生やアメリカの学生たちがThanksgivingに食べる伝統的なターキーやアップルパイなどの料理を作ってくれ、私たち留学生は母国の料理を作りました。私たち日本人はお好み焼きと焼きそば、お寿司を作り、みんな美味しいと言ってくれたのでとても良かったです。そしてThanksgiving Dayの日にはアメリカの首都であるワシントンD.C.に旅行に行きます。そしてBlack Fridayという大セールの日があるので、それを体験したいと思います。

Mai Brooklyn.jpgMai1118.jpg

 (左)ブルックリン(右)韓国人の友人の誕生日会

残りの留学生活を悔いのないよう、自分の人生にとって大きな財産となるような充実した日々を送りたいと思っています。

最近のコメント

アイテム

  • Kirara market tree.JPG
  • Kirara 山頂.JPG
  • Kirara hostfamily 孫.jpg
  • Ayaたこ焼き.jpg
  • Ayaもつ鍋.jpg
  • 雪だるま.jpg
  • 日韓戦.jpg
  • サムギョプサル.jpg
  • Sports Tonight.jpg
  • Yuka Hanbok.JPG

ウェブページ