大阪学院大学 学部学科・研究科
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 学部学科・研究科
  3.  > 教員養成の状況

教員養成の状況

学科概要

大 学・大学院

 大阪学院大学は、「本学は、教育と学術の研究を通じ、広く一般社会に貢献し、且つ人類の福祉と平和に寄与する視野の広い実践的な人材の育成を目的とする。」を建学の精神として掲げ、研究・教育の実践に邁進してきた。
 教員養成も建学の精神と軌を一にしている。すなわち「社会に貢献し、人類の福祉と平和に寄与する視野の広い実践的な」教員を養成することをめざしている。
 教育現場では、特に「実践的な」人材が求められており、身近な問題に意欲的に取り組むことにより、社会貢献がなされるよう、以下の目的に重点を置いて教員を養成する。

「教育は人なり」の言葉通り、教員の人間性により教育の質は変わる。人から真に信頼され、慕われる人間性の育成を教員養成の基礎に置く。
教員は教える、育てることの専門家である。難しいことをやさしく教えることができる素養と、深層を語ることができる教養を身につけ、そこから自己の興味を発見する生徒を育成することができる教員を養成する。
教える人はまた学ぶことの専門家である。常に好奇心をもち、学ぶことを楽しみ、真理を発見する研究的な態度をもつ教員を養成する。
その場でできることを考え、実践することができる力をもち、惜しむことなく生徒の成長に資するものを与えることができる教員を養成する。

商学部 商学科

 商学部では「大阪学院大学における教員養成の理念と目的」に基づき、商業にまつわる基礎的、専門的研究を通じて深い教養および総合的な判断力を有する人材の育成をめざすという学部独自の教育理念にのっとり、次のような特質をもつ教員の育成を目指している。

幅広い教養と商業に関連する基本的および専門的な知識を体系的に理解している。
実践的な情報リテラシーとコミュニケーション能力を有する。
ビジネス活動における社会的貢献と責任の意義を理解している。
獲得した知識・技能等を総合的に活用して諸問題を解決する能力と、それを支える広い視野と実践的な人格を有する。

経営学部 経営学科

 経営学部では「大阪学院大学における教員養成の理念と目的」と経営学部・経営学科における人材の養成、教育研究上の目的に基づき、次のような能力を有した教員の養成を目指す。

幅広い教養と社会的経済的倫理要請に基づいて、広く社会に貢献しうる実践的な人材を育成できる教員
現代社会・組織の抱える諸問題の本質を把握分析し、実践の場において問題を的確に解決できる洞察力を備えた教員
専門知識と広い視野に基づいて、社会活動において管理能力とリーダーシップとを発揮しうる人間性豊かな教員
グローバルな観点から国際的な活動を展開しうる、専門知識と語学能力を備えた実践的な人材を育成できる教員

経済学部 経済学科

 経済学部では、「大阪学院大学における教員養成の理念と目的」に基づいて、本学部における人材の養成、教育研究上の目的ならびに学位授与の方針のもと、次のような能力を有した教員の養成をめざす。

合理的・論理的に判断するための思考力を備えた教員。
情報の収集・分析・発信に必要な技能に習熟した教員。
現代社会が抱える様々な課題に対する理解力と問題意識を兼ね備えた教員。
社会の変化を多面的に把握するための幅広い知識と視点を有した教員。

法学部 法学科

 法学部では、幅広い教養および法律学の専門知識ならびにリーガルマインドの修得を通じて、法を“ツール”に現代社会を“正しく”生き抜く人材の育成をめざすことを教育理念とし、次のような教員の育成をめざしている。

幅広い教養と社会に対する深い関心をもち、問題の本質を見極める能力を有する教員。
正義・公平などの法原則に照らして妥当な結論を論理的に導き出し、問題を解決する
能力を有する教員。
積極的・主体的なコミュニケーションを通じて他者と信頼関係を築き、社会に貢献する
能力を有する教員。

外国語学部 英語学科

 外国語学部は、外国語によるコミュニケーション能力、とりわけ、英語運用能力に長け、また、異文化に対する幅の広い教養を修得し、語学のエキスパートでありながら、豊かな人間性と対応力のある教養を兼ね備えた英語教員を養成することをめざしている。

 教育現場で求められているのは、地球的視野に立って行動するための資質能力、変化の時代を生きる社会人に求められる資質能力、教員の職務から必然的に求められる資質能力、さらに、国際的な共通言語である英語を通して、異文化理解を促進できる資質能力であるため、以下の目的に重点をおいて英語教員を養成する。

英語の高度な運用能力を身につけた教員を養成する。
多様な文化に理解を持つ教員を養成する。
英語圏の言語、文化、芸術、歴史、生活等について深い知識を持ち、それらの知識を活用できる教員を養成する。
公教育のみならず広く外国語教育に関心ある教員を養成する。

国際学部 国際学科

 国際学部では「大阪学院大学における教員養成の理念と目的」に基づき、豊かな国際感覚と優れたコミュニケーション力を備えた、現場で発想し行動できる実践的人材の育成をめざすという学部独自の教育理念をいかして、特に次のような特質をもつ教員の育成を目指している。

アジア環太平洋地域と国際協力に関する幅広い知識を身につけている。
国際的なコミュニケーション・スキルや論理的思考力を身につけ、応用できる。
自分で課題を設定し、情報を収集分析し、その課題を主体的に解決することができる。
世界および日本の文化の多様性を尊重し、視野の広い実践的人材として社会で積極的に行動できる。

情報学部 情報学科

 情報学部は「大阪学院大学における教員養成の理念と目的」に基づき、以下の目的に重点を置いて、視野の広い実践的な教員を養成する。

情報科学の基礎理論からプログラミングやコンテンツ作成などの実践までの幅広い知識と技能を学ぶことにより、生徒に科学的な理解を基にした情報の実践力を身に付けさせることができる教員を養成する。
人間の認知や思考の特性や言語コミュニケーションなどに関する認知科学を学ぶことにより、人と情報の関わりや、社会の中での情報の役割を生徒に指導できる教員を養成する。
情報セキュリティや情報倫理を学ぶことにより、情報の取り扱いにおける安全管理や人権配慮などの技術的・社会的課題を、生徒自らの課題として考えさせることができる教員を養成する。

商学部 商学科(通信教育部)

 商学部では「大阪学院大学における教員養成の理念と目的」に基づき、商業にまつわる基礎的、専門的研究を通じて深い教養および総合的な判断力を有する人材の育成をめざすという学部独自の教育理念にのっとり、次のような特質をもつ教員の育成を目指している。

幅広い教養と商業に関連する基本的および専門的な知識を体系的に理解している。
実践的な情報リテラシーとコミュニケーション能力を有する。
ビジネス活動における社会的貢献と責任の意義を理解している。
獲得した知識・技能等を総合的に活用して諸問題を解決する能力と、それを支える広い視野と実践的な人格を有する。
このページの先頭へ
.